FC2ブログ

プロフィール

パステル

Author:パステル
ピッピ大好きなポケモントレーナーです!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
12509位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
990位
アクセスランキングを見る>>
ピッピといっしょにどこまでも!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シングル】SMシーズン1使用構築~氷壁の雷龍~【最高2092】

VirginCupで使用した構築と同じ並びでシーズン1最高レート2092を達成することができたので、
記事にまとめさせていただきます。
オフで使用した際に可能性を感じた並びのままでこれだけの成績を残せてとてもうれしいです。
今までのポケモン人生においてシーズンでレートに223戦も潜ったのは初めてであり、
またシングルレート2000超を達成したのも初めてだったので非常に満足感のあるシーズンになりました。
しかし、あと一歩のところで2100を逃してしまったことが心残りです。
シーズン2以降もバンク解禁により環境は大きく変わりますが、結果を残せるように頑張ります。

第1回VirginCupベスト8構築~氷の世界に踊る妖精~
↑並びが同じなためVirginCupの際に頂いた画像の使いまわし

こちらも併せてご覧ください。
【シングル】第1回VirginCup ベスト8構築~氷の世界に踊る妖精~
並びは同じなのですが、中身が大きく変わっているため、先に変更した箇所についてまとめておきます。
<ピクシー>持ち物
<ウインディ>調整、技構成
<キュウコンA>調整、技構成
<サンドパンA>なし
<ギャラドス>技構成
<デンジュモク>調整、技構成

以下、並び順に個別の紹介をさせていただきます。

clefable.gif
ピクシー@アッキのみ
性格:ずぶとい
特性:てんねん
実数値:202(252)-x-133(220)-115-110-85(36)
技構成:ムーンフォース/ちいさくなる/めいそう/ねむる

変更点は持ち物のみ。
基本はカゴの実の方が強いと感じているのだが、
ギャラドス、デンジュモクともに出せない構築に対して出す際に
ハッサムに対して完全な運ゲになってしまうのを防ぐためにアッキの実を採用した。


059.png
ウインディ@ホノオZ
性格:ようき
特性:いかく
実数値:175(76)-156(204)-101(4)-x-104(28)-154(196)
技構成:フレアドライブ/ワイルドボルト/おにび/しんそく

H:16n-1
HD:C特化カプ・テテフのサイコキネシス確定耐え
A:ホノオZで175-96カプ・テテフを乱数下から2つ切って1発(環境に多い無振りテテフは確定1)
S:準速100族+2

構築全体でカプ・テテフが非常に重いため、最速眼鏡以外に勝てる特殊型から物理型へと変更をした。
基本的に初手が安定することは変わらず、相手の初手に大きく負荷をかけてくれた。
Sのラインが上がったことにより最速以外のガルーラに鬼火+Zドライブを打ち込むこともできる。
わだつみ(交代しても特化だとキュウコンが乱数で落ちる)・アンコールを持つアシレーヌを削ることが
できる点も物理型の評価が高い。
代わりに重くなったガブリアスやボーマンダは後続で処理することにして割り切った。
電気無効枠がおらず、キュウコンの壁を阻害してくる可能性が高い、
初手のコケコを落とすor下げさせることも役割なのだが、
環境に増えたデンキZカプ・コケコに何もせず落とされるので安定はしない。


038-a.png
キュウコンA@ひかりのねんど
性格:おくびょう
特性:ゆきふらし
実数値:175(212)-x-104(68)-101-120-173(228)
技構成:こごえるかぜ/ぜったいれいど/オーロラベール/アンコール

HB:A200ガブリアスの地震威嚇込み2耐え
  A200ガブリアスのストーンエッジ確定耐え
HD:C147カプ・コケコのフィールド込み眼鏡10まんボルト確定耐え
S:準速120族抜き(最速105族抜き)

構築の軸を担う、ほぼ絶対選出の壁展開枠。
火力と素早さを落として耐久に割くことによって
初手ウインディガブリアス対面から安全に引けるように調整をした。
スカーフガブリアスに事故らされることがないだけでもかなりの安心感がある。
火力を落とした分突破力が下がったため、技構成も後続の補助になるこごえるかぜと
高耐久突破のための絶対零度に変更した。
キュウコンをいかに使うかが勝敗に大きくかかわっており、
基本的には捨てないような立ち回りを心掛けた。
アンコールは非常に便利だが読まれやすく、読まれ読みの行動を強いられるなど難しさも感じた。


028-a.png
サンドパンA@きあいのタスキ
性格:いじっぱり
特性:ゆきかき
実数値:151(4)-167(252)-140-x-85-117(252)
技構成:つららおとし/アイアンヘッド/じしん/つるぎのまい

変更点なし。
よっぽど刺さっていて全抜きできると確信できたときにしか選出しない。
1度ジバコイル・バルジーナ・ガラガラAという選出の相手に3タテをする活躍を見せてくれた。


gyarados.gif
ギャラドス@ギャラドスナイト
性格:ようき
特性:いかく→かたやぶり
実数値:171(4)-207(252)-129-81-150-146(252) ※メガ後
技構成:たきのぼり/かみくだく/こおりのキバ/りゅうのまい
     たきのぼり/こおりのキバ/10まんボルト/りゅうのまい ※レート2021~

VirginCupの反省から積極的に選出されるようになった構築のメガ枠。
滝/氷牙の範囲が広く、現環境でかみくだくを打ちたい場面がなかったため
パルシェンピンポイントの10万ボルトを採用した。
パルシェン対面では滝(20%程度)→からやぶ→ロクブラ→10万(D↓1なら100%以上入る)の流れで
落とすことができる。
本来であれば絶対に勝てないため、パルシェンを見たら選出を控えていたのだが
10万ボルトを入れてからはパルシェン入りに対して積極的に選出をすることができるようになった。


796.png
デンジュモク@オボンのみ→シュカのみ
性格:おくびょう
特性:ビーストブースト
実数値:188(236)-x-91(4)-194(4)-93(12)-148(252) ※初期(オボンのみ)
     169(84)-x-92(4)-213(156)-94(20)-148(252) ※ガブリアス繁殖後(シュカのみ)
技構成:10万ボルト/めざめるパワー氷/くさむすび/ほたるび

シュカの実 採用時の調整意図
H:残り
BD:DL対策
C:めざ氷でD4振りガブリアス確定1
S:最速(マンムー・ギャラドス意識)

レート2000まで押し上げてくれた、この構築の真のエース。
使い始めた当初、環境の地面枠は襷マンムーが圧倒的なシェアを占めており、
襷さえ潰しておけば上から確定で落とせるデンジュモクでEasyWinを狙いに行った。
身代わりがなくなったことによりポリゴン2を完全な起点とすることはできなくなったが、
それを補って余りあるほど電氷草3ウェポンの信頼感はすごかった。
壁下であればA200一致地震でも~145のダメージしか入らないため、
年始1週間ごろまでは先制技などの対策も考えてオボンの実を採用していた。
しかし環境の終わりごろにはガブリアスがかなり数を増やしており、
壁なしの対面を作られ地震で押し切られるケースが多くなったため
るすでんさんの話を参考に持ち物をシュカの実に変更した。


構築全体で1番重いと感じたのは対雨パ。
絶対にキュウコンに壁を貼らせないように立ち回ってくる上にキングドラを止められる駒がいないため、
上手く壁を貼れなければ100%勝てない。
また、いろいろと改良は加えたもののゲンガーが重いという問題は解消されていない。
環境終期はガルガブレヒレの並びが数を増やしてきて、
ギャラドス・デンジュモクのどちらのエースを選出しても止まってしまうため非常に辛い環境だった。


選出率
キュウコンA>ウインディ>>デンジュモク>ギャラドス>>>>>>>>ピクシー>>サンドパンA

基本的にはウインディ+キュウコン+ギャラドスorデンジュモクの選出から考える。
エースとしてどちらも刺さりが悪い場合には
ウインディ+ギャラドス+デンジュモクのような積みサイクルの形をとったりすることもある。
ピクシーはテッカグヤがいない上でどの選出でも厳しくワンチャン残す際に選出することもある。
サンドパンはよっぽど刺さっていて出せば勝てる確信のある試合にしか選出しない。


12月末のオフで使用した並びでシーズン1通してレートに臨みましたが、
ちょうど環境にあったタイミングで適切な調整を加えられたことにより
一時的にレートを伸ばすことができたなという印象です。
シーズン1は環境の移り変わりが非常に激しく、毎日見る構築がコロコロ変わるような日々でした。
マンムーが流行っていた時にデンジュモクに草結びを仕込んだり
パルシェンが流行っていた時にギャラドスに10万ボルトを採用したりといった、
環境に合わせた技や調整が功を奏した結果なのかなと感じました。
こちらの構築が基本的に数値の低いポケモンが多く採用されていることもあり、
終盤に増えたガルガブのような数値の高い並びに対してはなすすべなく負ける展開も多く、
最終的には1950弱までレートを溶かしてしまいました。
シーズン2以降は様々な構築を使いながら経験・知識ともに増やしていき、
レート上位・オフ優勝を目指していきたいと思います。
ここまでご覧いただきありがとうございました。
S1最高レート2092(3)

スポンサーサイト

コメント

Secret

decoboko.jp

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。